肌 アンチエイジング

アンチエイジングとは

アンチエイジングとは、老化を防ぎ、若返りを促す抗加齢のことをいいます。年令を重ねると、動脈硬化や、がんのような加齢関連疾患のリスクが高まるといわれていますが、発症確率を下げ、健康長寿をめざす医学です。一般的にはしみやしわをけすなど、皮膚の若返りなどに使われることが多いようです。

 

アンチエイジング医学が注目されたのは、エイジングの理解が進み、次第に情報が整理され、加齢に関与する分子機構が解明されつつあるからです。昔は、老化に関して介入できないと考えられてきましたが、研究が急速に進み、そうではないと考えられるようになりました。

 

老化の原因としては、ホルモンレベルの低下、免疫力の低下、酸化ストレスなどが考えられています。アンチエイジング医療は、これらを積極的に補う治療を行い、エイジングケアをしています。

肌の老化と印象

年齢を重ねるとシワやシミが増え、老けた印象を与えます。

 

シワが多ければ老けて見えるのは当然ですが、若くてもほうれい線が目立っている場合、老けた印象を与えてしまします。ほうれい線の有無で実年齢よりも10歳以上も老けて見られるケースもあるといいます。

 

若くして老けて見える人は、無理なダイエットや偏った食事、不規則な生活が原因となっていることが多いそうです。ですから、肌のアンチエイジングは、正しいスキンケアはもちろんのこと、若いころから生活習慣なども気をつける必要があるのです。

肌以外にも目のアンチエイジングに注目が集まる

目はとても大切な器官です。人間の目から情報のほとんどを得ているといわれており、疲れ目や視力の低下は日常生活に影響を与えます。疲れ目は軽く見られがちですが、肩こりなどの原因となり、改善しないと目の老化を早めてしまいます。

 

最近は、疲れ目や視力の低下の対策として、ブルーベリーアイなどのブルーベリーの成分を配合したサプリメントが人気になっています。

 

ブルーベリーには、アントシアニンという強い抗酸化作用がある成分が含まれています。アントシアニンはポリフェノールの1種で、他にも、長寿遺伝子を活性化するといわれているレスベラトロール、緑茶に含まれているカテキン、大豆に含まれているイソフラボン、二日酔い対策として有名なクルクミンなどがあります。

 

アントシアニンは、ロドプシンの再合成を促進する働きがあり、視覚機能を改善する効果があることが明らかになり、注目されています。また、マウスにアントシアニンが含まれたエサを与えたところ、白内障の進行がゆるやかになったという実験結果もでています。